骨董品と言う呼び名の定義と買取りについて

antique

古美術品や希少価値を持つ古道具を骨董品と言います。
尚、骨董品の定義と言うのは、アメリカにおいて制定された通商関税法に記されている、「製造された時から100年を経過した、手工芸品、工芸品、美術品」と言った項目が在り、この定義は世界貿易機関でもあるWTO(World Trade Organization)で採用されている定義でもあるのです。

尚、アメリカで制定された通商関税法は1934年に制定されたものです。骨董品を買取りしているお店においては、製造されてから100年を超えているものは希少性が高いとされます。
また、100年と言う歳月の中で、割れやヒビと言った状態が無い物は特別な価値を持つと言います。
保存状態により買取価格が異なるわけですが、骨董品の買取を行う専門のお店では、品物の価値を良く知る鑑定士により鑑定が行われ、価値に応じて買取価格が定められるのが特徴です。
古い時代に作られた品物の中でも、有名な作品や有名な作者が作った品物は、高額での取引が行われることも珍しく在りません。