骨董品の買取をする時の見分け方

骨董品を買取をしようと思った時一番多いのは贋作と偽物で、掛け軸や陶器等はとてもうまく造られていて素人目には見分けがつきません。
陶器の見分け方は触って眺めているだけでもいくつかのおかしいと思う部分が出てきて、それはろくろを使って造られているものは完全に水平だったり整いすぎているものは贋作の可能性が高いというもので、逆に本物であれば歪み具合がポイントになります。
また光沢感でも年数が経っていれば光沢は薄れていて当たり前なので均一の光沢感は不自然ですし、綺麗すぎるのもおかしいです。

骨董品買取のための絵画の見分け方は使われている絵の具やキャンバスの年代等で見分けたり、サインされた年代が古ければそれなりの風合いがあるものです。
また作家の活動履歴を調べたり、購入入手方法を聞いてみるのも良いでしょう。

骨董品買取の見分け方に共通していることは、年月を経ているものにはそれなりの風合いがあり、名のあるものにはそれぞれ一定の価値が定められているので、それより高すぎても安すぎても偽物の可能性が高いということです。